「鹿男あをによし」読んだ。


内輪受けはなし。おもしろいけど前作とプロットが似通ったところがあるかな。途中で「またか」と感じてしまったので。そこを乗り越えて読み進めていけばそんなこともなかったのだけれど。ぶっとび具合では前作の方が好きかも。しかし前作に関しては個人的背景が特殊なので,公平な比較はできまい。


前作を読んでいないかなまる評によれば,ミステリ要素があるけどミステリじゃないし,で,おもしろいけどちょっと中途半端,だそうだ。しかし,それはかなまるがひごろミステリしか読んでいないからではないか。この作品は少なくとも純文学ではなくエンタテイメントで,エンタテイメント界はジャンル分けがはっきりされている方が読者が安心する傾向があるようには思うから,そういう意味においてミステリ要素があるのにミステリとしては弱いこの作品に対してかなまるが中途半端感を抱くのは致し方ない(ジャンルとして中途半端なのであって作品としては面白く読んだそうですんでそこのところは誤解なきよう)。ミステリっちゅぅか,やはりこれは青春小説だろうと個人的な感想。次作をどう打ってくるかが楽しみ。